お風呂で効率的に疲労回復する方法♪

query_builder 2022/12/24
ブログ
25315677_m

皆さん、こんにちは!



東京の恵比寿を拠点に、姿勢改善専門パーソナルトレーニングジムを運営している小川です!




いよいよ今年も終わりを迎えようとしている中、お忙しい方も多いと思います!



そして、寒い今の時期は、特に自律神経のバランスが崩れやすいと言われています。



・疲れが取れない

・やる気が起きない

・眠りの質が低い


このような不調が起こりやすいと言われています。


寒さに加え、年末年始の忙しさや忘年会、新年会などのイベントが続くと、知らぬ間に、胃や腸などの内臓にも負担を掛けてしまっています。



そうすると、疲労によって免疫力が落ち、風邪を引きやすくなってしまうなど、さまざまな不調が起こりやすくなります。



このように、冬の疲労は、気候だけではなく生活習慣が原因となることもあるため、しっかりとケアをしていきましょう!



そのケアの一つとして、今回は、効率的なお風呂の入り方をご紹介していきます♪




1.お風呂の効果とは

2.効果的なお風呂の入り方

3.おすすめの入浴剤

4.まとめ





1.お風呂の効果とは



まず、「お風呂にはどのような効果」があるのか?


お湯に浸かることで、血管が拡張され、血液の流れが良くなります。


それにより、全身の隅々まで栄養や酸素などが運ばれ、カラダに溜まっていた疲労物質や老廃物の回収が促進されます。



また、筋肉や靭帯などのコリによる痛みは、カラダを温めることで緊張がほぐれ軽減されていきます。



また、以下のような効果も期待できます!


【温熱効果】

(上と重複してしまいますが、)湯船に浸かることで、カラダが温まり血液の流れがよくなります。


血液の流れが良くなることで、新陳代謝が高まり、体内の老廃物や疲労物質を取り除いてくれる効果が期待できます。



【浮力効果】

湯船の中(水中)では、カラダの重さが浮力によって1/10程度になると言われています。


そうすると、筋肉の緊張が緩み、心身ともにリラックスをすることができるようになります。



【水圧効果】

浸かっているお湯の量が多いほど水圧が強くなり、肺が圧迫されます。すると、肺は空気を取り入れようと、より活発に働くため、呼吸の回数が増えて心肺機能を高めようとします。


心肺機能が高まるとことで、筋肉がほぐれ、リンパや血液の流れが良くなり、足の疲れやむくみなどを取り除いてくれます。





2.効果的なお風呂の入り方


水温:39~40度くらいの温度に設定し、15~20分ほど浸かるのが理想的です。


39~40度だと、少しぬるいんじゃない?と思う方もいると思いますが、15~20分の少し長めに浸かることで、徐々にカラダは温まってきます!


また、ぬるま湯には、副交感神経を優位にする効果も期待できるため、リラックスモードに切り替え、質の良い睡眠にも繋がりますので、ぜひ、水温設定と入浴時間を意識してみてください!


よく42~43度くらいの熱めの湯船に5分くらい浸かっておしまい。という話しを聞きますが、そうすると、一見、カラダが温まったと思いがちですが、カラダの深部までは温まっていないことが多いです。


ただ、この入り方自体は、間違いということではなく、例えば、朝風呂や仕事の合間などに浸かる水温としては有りです!


熱いお湯には、交感神経を優位に立たせる効果が期待できるので、このような場合は、42~43度に設定して入るのがオススメです。



少し時間に余裕のある日は、1週間に1度くらいで良いので、40度程度の湯船に15~20分浸かり30秒間、冷水を膝下にかけます。その後、5分間湯船につかります。

これを2~3セット繰り返します。


そうすることで、下肢に溜まった血液を心臓へ送り戻そうとしてくれるので、特にむくみが気になる方などは、ぜひ実施してみてください♪


中には、冷水が苦手な方もいると思いますので、水の温度は、あえて何度が良いとは言いませんが、ご自身にとって"ひんやり"するくらいの体感に設定していただいて良いです。






3.おすすめの入浴剤


続いて、「おすすめの入浴剤」についてですが、こちらに関しましては、基本的には、ご自身がリラックスできる香りをお選びいただいて良いです!


ローズやユーカリなどのフラワー系がお好きな方は、そのような入浴剤をお選びいただいたり、もしくは、森林やひのきような自然な香りがお好きな方は、そのような入浴剤をお選びいただければと思います!


また、中には香りが苦手という方は、入浴剤を何も入れず入るでも良いと思います!



最後に、私が使用している入浴剤をオススメいたします。


最近、私が使用している入浴剤はこちらです。



こちらは、プロラボ社から出している、「ハイドロシリカスパ」と言う商品です。



入浴剤で考えると、少々値が張りますが、効果は抜群です。


こちらの使用方法は、先にも書いた通り、39~40度くらいの水温に、シリカスパを入れて5分後(入浴剤が溶けるまで待つ)くらいに、15~20分浸かるだけで、カラダの温まり方がまったく違います!


ポカポカ感が長く続くので、暖房を使う時間が短く済むので、電気代の節約にも繋がります♪






4.まとめ



個人的見解な部分もあるので、参考程度に見て頂けたらと思います!


今年の冬は特に寒いようなので、楽しいお風呂ライフを過ごされてみてください♪





東京 恵比寿

姿勢改善専門パーソナルトレーニングジムReborn

代表 小川 剛由


NEW

  • 効率的にダイエットをするならGI値を意識しよう♪

    query_builder 2024/06/05
  • 糖質が太るのはウソ? 実は痩せるポイントがある!

    query_builder 2023/10/11
  • 四十肩、五十肩の原因は肩甲骨にある!?

    query_builder 2023/05/13
  • プロテインダイエットは効果ある?

    query_builder 2023/04/22
  • 初心者にわかりやすく、正しいスクワットの基本フォーム!

    query_builder 2023/04/08

CATEGORY

ARCHIVE