水素とは

query_builder 2022/11/13
ブログ
フリー素材(水素)

皆さん、こんにちは!



東京の恵比寿を拠点に、姿勢改善専門パーソナルトレーニングジムを運営している、パーソナルトレーニングジムRebornの小川です。



今回は、皆さんも一度は耳にしたことがある「水素」について、専門用語を使わず、できるだけわかりやすく記事にしましたので、少しでも気になる方は、気になる項目だけでもご覧ください♪




1.水素とは

2.活性酸素とは

3.水素はどんな効果があるの?

4.水素の摂取方法

5.まとめ






1.水素とは



まず、そもそも「水素とは」何者なのか?という疑問について、深掘りしていきます。



多くの皆さんが、学生の時に「化学(理科)」で勉強したと思いますが、元素記号の"H(水素)"ことです。



そしてその水素は、元素記号の中で最も軽く、小さいと言われています。



地球上では、主に海水などの化合物の状態で存在しています。





さて、ここから本題です。



水素が健康や美容において注目されている理由。

それは、爆発的な「抗酸化力」です!



多くの方は、"抗酸化"と聞くと、ビタミンCやポリフェノールなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は、水素の抗酸化力というのは、ビタミンCの176倍。

ポリフェノールの222倍と言われているほど、とても優れています。


また、分子のサイズが宇宙一小さい水素は、カラダの隅々

まで行き渡ることができてしまいます!



先ほどからワードで出ている「抗酸化」については、何を抗酸化しているのかというと、こちらも耳にしたことがあると思いますが、「活性酸素」のことです。



ここで「活性酸素」についても軽く触れておきましょう。






2.活性酸素とは



活性酸素とは、"体内で発生し細胞などにダメージを与えカラダを酸化させてしまう物質"のことです。



酸化とは簡単にいうと、"サビ"のことです。

例えば、カットしたリンゴをラップをせずに放置したとしましょう。



そのリンゴは、少し時間を置くと、黄色く変色しますよね。


これが"酸化"です。




そして、活性酸素の発生源は、いくつかあるのですが、まず一つ目に「呼吸」です。



"呼吸"をする際に、酸素を取り込むと、その一部が活性酸素に変わります。




また...


[日々のストレスや満員電車、アルコール、タバコ、紫外線を浴びる、怒る、怒られる]


など!


このように日常的に活性酸素が発生する場面というのは、たくさん潜んでいます。



通常、活性酸素は体内の抗酸化作用によって抑えることができます。


しかしこの抗酸化は、20代をピークに弱まり、加齢とともに活性酸素を除去する力が弱まっていきます。



体内に活性酸素が過剰に発生すると、正常な細胞や遺伝子を攻撃し、老化や生活習慣病、ガンや動脈硬化といった、さまざまな病気の要因になると言われています。



その例として...


10代のときよりもシミやシワの数が増えた


怪我の治りに時間が掛かるようになった


疲れやすくなった(疲れが取りにくくなった)


心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなる


ガンの発症がしやすくなる



抗酸化力が低下し活性酸素が増加すると、これらすべてが発症のリスク高くなり、あなたのカラダに悪影響を及ぼしてしまいます。







3.水素はどんな効果があるの?




そこで、水素の出番です!




水素は、日常的に発生している活性酸素に"ダイレクト"に働きかけてくれ、体内の酸化(サビ)を予防してくれるのです!



先ほどにも出ましたが、水素は原子の中でも、最も軽くて小さいです。


カラダのあらゆるところにも水素が行き渡り、活性酸素を見つけ出し攻撃してくれます。


攻撃された活性酸素は水となり、体外へ排出されます。




ただ、このように聞くと、「活性酸素=悪者」と思いがちですが、活性酸素の中にも、殺菌力があり、カラダの免疫機能を高めてウィルスや細菌などを防いでくれる役割もありますので、頭の片隅に入れておいていただけると良いかと思います!







4.水素の摂取方法




では、水素はどうやって摂ることが出来るのか?


水素の摂取方法は5つ。



1.水素水を飲む


→最近、ウォーターサーバーの代わりに、水素サーバーを置く施設も増えているほど、水素水が普及されています。


ただし、ここで気をつけなければならないのが、通常のタンブラーやコップなどに水素水を注いだとしても、すぐに水素は飛んでしまいます。


これは、先の説明でもしていますが、水素は小さく軽いので、飛びやすいのです。


ですので、水素水を飲む際は、専用のボトルに入れて、フタの開け閉めは最小限に抑え、素早く飲んでしまいましょう。



[メリット]

・気軽に水素を飲むことができる。


[デメリット]

・水素サーバーを置く場所が必要

・毎月固定費が掛かる

・専用ボトルが必要(すぐに飲まないと、ただの水)




2.水素ガスを吸う


→こちらは、専用の水素発生器があり、専用の管を鼻の中に入れて、鼻から水素を注入するというものです。


鼻から水素を注入って痛くないの?と思う方もいると思いますが、痛みはほぼないのでご安心ください!




[メリット]

・短時間に新鮮かつ大量の水素を体内に入れることができる。


[デメリット]

・水素発生器を購入もしくは借りる必要がある。

・スペース(小さめの空気清浄機くらい)が必要。




3.水素風呂に入る


→水素の入浴剤を入れて、あとはいつも通り湯船に浸かる形となり、とても手軽に取り入れやすい方法かと思います。


水素入浴剤は、いろいろなメーカーから出しているので、ご自身に合ったタイプのものを選ぶと良いと思います♪




[メリット]

・手軽に水素生活を取り入れることができる。

・深部体温が上がる(温浴効果)。

・皮膚の弾力性が上がる。

・毛髪のツヤやなめらかさが改善される。


[デメリット]

・体内に発生した活性酸素を除去する力はない




水素入浴剤でおすすめはこちら




4.水素化粧品を使う


→肌のエイジングケアとして、いま注目を浴びていますが、こちらも水素入浴剤と同じく、体内で発生した活性酸素を除去する力はないです。




[メリット]

・手軽に水素生活を取り入れることができる。

・エイジングケアに良い。



[デメリット]

・体内に発生した活性酸素を除去する力はない。

・高額なものが多い。



5.水素サプリメント


→最後は、サプリメントです!

個人的には、サプリメントが一番手軽に水素を取り入れやすいのではないかな?と思っています。



メーカーによっては、水素を摂った後、抗酸化は2時間しか効かない。などあるので、水素のサプリメントを摂られる際は、ご確認の上、購入することをオススメします!



ちなみに僕が飲んでいる水素のサプリメントは、6時間持つので、1日3回[朝・昼・晩]という形で分けて飲んでいます。


また、お酒を少し多めに飲んだ時は、夜に2カプセル飲むことで、次の日のアルコール残りが、かなり緩和されます。

※個人的感想になります。




[メリット]

・手軽に水素を体内に取り入れることができる。

・コンパクトで持ち運びに便利



[デメリット]

・飲み忘れることがある。

・メーカーによっては、値段はピンキリ。(選択肢が多い)



水素のサプリメントでオススメはこちら






5.まとめ



いかがでしたでしょうか?


少しでも、水素について理解していただき、そして皆さんが1日でも長く健康でいてくれましたら、これ以上の事はないと思います♪



それでは、今回はここまでとなります。



最後までお読みいただきありがとうございまいした!




東京 恵比寿

姿勢改善専門パーソナルトレーニングジムReborn

代表 小川 剛由




NEW

  • 筋トレして肩こりになる?

    query_builder 2023/01/28
  • 今年こそはダイエットを成功させる!

    query_builder 2023/01/21
  • お正月太り解消!

    query_builder 2023/01/14
  • お風呂で効率的に疲労回復する方法♪

    query_builder 2022/12/24
  • 二日酔いに効く飲み物

    query_builder 2022/12/17

CATEGORY

ARCHIVE