誰にでも出来る!正しい筋肉の使い方のポイント![後編]

query_builder 2021/04/22
ブログ
フリー素材(海外女性 美脚)

こんにちは!



東京渋谷区にある

パーソナルジムReborn恵比寿店の小川です。



今回は、前回の続きとなります。

前回の記事はこちら



関節痛を起こすと、よく"筋肉が落ちた"と聞くことがあると思います。

確かに間違いではないですが、筋肉が落ちる以上に問題なのは"バランスが崩れる"ことです。


前回の記事にもあった通り、サボっている筋肉がいると、働らかなければならない筋肉と言うのは出てきます。


このアンバランスな筋肉を正すことができれば、「関節痛に悩まされることがなくなる」と言う訳です。


仮に、太ももの筋肉で例えると、内ももの筋肉がサボっている筋肉とします。

内側が働かない分、外側の筋肉が頑張って働いてしまいます。


そうすると、次第に太ももの外側の筋肉は疲労困憊状態となり、最終的には硬くなりってしまい、太ももの筋肉を支えることができなくなります。


その結果、膝の関節に負荷が掛かり、膝を痛めてしまう原因を作り出してしまいます。


少しでも当てはまる方は、これから紹介するトレーニングをご参考ください♪



サボっている筋肉

○大内転筋

○長内転筋

○短内転筋

○半腱様筋

○半膜様筋





頑張りすぎて働いてしまう筋肉

○大腿筋膜張筋

○外側広筋






2.正しく筋肉を使うためには?


ここからは、正しく筋肉を使うためのトレーニング方法を2つご紹介していきます。


○アダクション with クッション

まずご自宅にある"クッション"をご準備ください。

下記の画像はフィットネス用のミニボールを使用します。

※ミニボールは「ソフトギムニク」と言うイタリア製のアイテムとなります。1,300円くらいで購入出来ますので、一応リンクを貼っておきます。


1.仰向けになり、膝を90度くらいに曲げます。




2.膝の間にクッションをはさみます。




3.10秒間、クッションを潰すように内側へと力を入れます。
(わかりにくいですが、内側に力が加わっています)




4.10秒経ったら3秒間力を緩め、ここからは「3~4」を10回繰り返します。




○ラテラル・アダクション


1.カラダを一直線にし、横向きになります。




2.下の足を1歩前に出します。




3.1歩前に出した足を、ゆっくりと浮かせ3秒間止めます。




4.3秒間止めたら、ゆっくりと降ろし「2~3」を10回繰り返します。





同じ"内もも"のトレーニングでも「膝を曲げる」「膝を伸ばす」とでは、違った筋肉の付き方をします。


上記に説明しました、2つのトレーニングを毎日、2週間行うことで、サボり筋がなくなり、太もも外側の筋肉の負担が減り、膝関節のストレスが減少しやすくなります。


既に痛みのある方は、一度、専門医の受診をオススメ致します。



恵比寿「トレーニング×整体」

パーソナルトレーニングジムReborn 代表 小川 剛由



NEW

  • そうめんは太る?ダイエットに効果的なそうめんの食べ方をご紹介!

    query_builder 2021/07/24
  • トレーニングで怪我予防になる?コレクティブエクササイズとは?

    query_builder 2021/07/20
  • 姿勢改善専門パーソナルトレーニングジムRebornの2店舗目オープン決定!

    query_builder 2021/07/16
  • 恵比寿パーソナルトレーニングジム。食事制限一切なし!1ヶ月でこんな結果が...

    query_builder 2021/07/14
  • 姿勢改善をすることでキレイにボディメイクがされます!その理由とは?

    query_builder 2021/07/07

CATEGORY

ARCHIVE